遺言書

遺言書記事一覧

  1. 3月21日( 水・祝)産経新聞に掲載されました

    3月21日( 水・祝)産経新聞に掲載されました本日、先日の朝日新聞の記事に続いて産経新聞で『残される母親が安心して暮らすための手続のすべて』が紹介されました。

  2. 3月21日( 水・祝)朝日新聞に掲載されました

    2018年3月21日(水・祝)朝日新聞の朝刊に掲載されました。相続制度が大幅に見直されるのは約40年ぶりとなります。その当時とはだいぶ事情が変わってきました。

  3. 3月4日( 日)日本農業新聞に掲載されました

    3月4日 日曜日 日本農業新聞に掲載されました。お母様のためだけでなく、あなたにとっても必要な情報が満載です。相続の問題は多岐にわたります。本書では今さら聞けない基礎の基礎を各専門家がわかりやすく解説しています。

  4. 本日、朝日新聞に取り上げられました

    本日、朝日新聞に取り上げられました。https://www.asahi.com/articles/DA3S13291964.htmlご帰省時のお土産に是非この一冊を。

  5. 遺言書がなかったばかりにこんなに面倒なことになるなんて・・・

    遺言書を書かないと何が問題になるのか?遺言書を書いていなくことで発生する問題・・・それは、遺産をどう分割するか?に関する問題、いわゆる「遺産分割問題」です。

  6. 遺言で相続はどう変わるのか?同居していた子供と別居していた子供

    お子さんの間で遺産を分割する場合、法律上では等分割になります。でも、実際には親と同居していて最後まで面倒を見ていたお子さんと他のお子さんが同じでも良いものでしょうか?これは実際にかなり紛争になりやすいケースです。

  7. 遺言で相続はどうなる?子供がいない夫婦の場合

    お子さんがいらっしゃらないご夫婦の片方が亡くなった場合、遺言書を残しておかないと残された配偶者が非常に面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が高いのをご存知でしょうか?大切なパートナーを余計なトラブルに巻き込まないため、ぜひこのケースス...

  8. 全財産を赤の他人に残すという遺言書があったら遺族はどうなる?

    もし、あなたの親族の誰かが多額の遺産を持ちながら、それを全部、赤の他人に遺贈する、という遺言書を残していたらどうなるでしょうか?残された遺族には全く取り分はなくなるのか、どういった対処が考えられるのか?気になるところですね。

  9. 遺言書がないと困るのはどんな人?

    面倒だし、資産もないし、遺言書なんて作成しておかなくても大丈夫と思っていないでしょうか?遺言書を作成しておいた方がいい人、遺言書を作成しておくことでのメリットについて、インターFMのTAKIN’ ON SUNDAYのインタビューに答...

  10. 2種類の遺言書のメリットとデメリット

    なぜ遺言書を書いた方がいいのでしょうか?それは遺言書を書いておくことで、相続トラブル、特に遺産分割に関するトラブルのかなりの部分を未然に防ぐことができるからです。たとえ相続税がかからなくても、遺産分割は発生します。

えがお相続相談室