動画一覧

動画一覧記事一覧

  1. 遺産分割の困った事例、こんな時どうやって乗り切るの?

    何かともめごとの多い遺産相続ですが、できれば心穏やかに乗り切りたいものですよね。ご家庭によって事情は様々ですが、もめないためにどうすればよいか、事前にポイントを押さえておくことが大切です。では具体的にどんな対策があるのでしょうか。

  2. 相続で揉めない秘訣:遺産分割で揉めるのは1,000万円以下

    相続問題で一番もめるのは遺産分割です。それも少額であればあるほどもめることが多いようです。平成25年家庭裁判所で扱った遺産相続案件の約30%強が1,000万円以下というデータがあります。

  3. 最近話題の「終活」って何?

    最近、メディアで「終活」という言葉を耳にしますよね?「終活」とはどんな活動のことをいうのかご存知でしょうか?そこで今回は、終活とは何か?エンディングノートには何を書いたらいいのか?終活のメリットは?などをお伝えしたいと思います。

  4. 葬儀に関する素朴な疑問

    相続の問題は誰かが亡くなったときに発生します。日頃考えたくないと思いがちですが、葬儀についても相続と同様、あらかじめ手配しておくことでトラブルを避けると同時に、亡くなった方の思いを最大限に尊重してあげることができます。

  5. 遺言で相続はどう変わるのか?同居していた子供と別居していた子供

    お子さんの間で遺産を分割する場合、法律上では等分割になります。でも、実際には親と同居していて最後まで面倒を見ていたお子さんと他のお子さんが同じでも良いものでしょうか?これは実際にかなり紛争になりやすいケースです。

  6. 遺言で相続はどうなる?子供がいない夫婦の場合

    お子さんがいらっしゃらないご夫婦の片方が亡くなった場合、遺言書を残しておかないと残された配偶者が非常に面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が高いのをご存知でしょうか?大切なパートナーを余計なトラブルに巻き込まないため、ぜひこのケースス...

  7. 全財産を赤の他人に残すという遺言書があったら遺族はどうなる?

    もし、あなたの親族の誰かが多額の遺産を持ちながら、それを全部、赤の他人に遺贈する、という遺言書を残していたらどうなるでしょうか?残された遺族には全く取り分はなくなるのか、どういった対処が考えられるのか?気になるところですね。

  8. 2種類の遺言書のメリットとデメリット

    なぜ遺言書を書いた方がいいのでしょうか?それは遺言書を書いておくことで、相続トラブル、特に遺産分割に関するトラブルのかなりの部分を未然に防ぐことができるからです。たとえ相続税がかからなくても、遺産分割は発生します。

  9. 遺言書ってどんなもの?遺言書を書いた方がよい理由とは

    最近、遺言書を書く人が増えています。それは、特に資産家ではなくても、遺言書が役に立つことがわかってきたからです。

  10. 相続でもめるのは資産家ではなく財産が不動産だけのとき

    相続問題というと、資産家の財産争いのようなイメージを持つことが多いのではないでしょうか?ところが、今の日本の現実はそうではありません。

えがお相続相談室