海外に相続人がいると税務署に目をつけられる!?

この記事は1分で読めます

最近は相続人が海外にいらっしゃるケースが増えています。そんな場合、どんな手続が必要か、早めに準備しなければいけないのと同時に、もう一つ、気をつけなければいけないことがあります。
 
税務署は海外に相続人がいる相続について、目を光らせているからです。
 
もし身近な人が、「海外の銀行に預金してあれば、相続税はかからなくてすむんじゃないの?」と言っていたりしたら、よく注意してあげてください。
 
そんなふうに考えていると、とっても危険です。
 
海外に相続人がいる場合には、「送金していないか?」ということを徹底的に調べられます。
 
亡くなった人の財産には、世界中どこにあっても日本の相続税がかかります。安易な気持ちで海外に送金した分を申告しないと脱税になりますので、十分に気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

えがお相続相談室