相続税の申告や納税が間に合わないとどうなる!?

この記事は1分で読めます

相続税の基礎控除額が下がったので、支払い義務や申告義務のある人が増えています。

この相続税の申告や納税ですが、どのくらいの期間で支払わなければいけないかご存じですか?

これは亡くなった方の死亡届が税務署に提出されてから10ヵ月以内と定められています。

この期間は長いようでいて、けっこう短いものです。

財産がわかりやすく整理されているのなら問題はありませんが、どこに何が残されているのか、全容を掴みきれていない場合はかなり大変です。

相続税が発生する場合でも、分割納付ができ、実際に居住しているお宅だったりした場合、「小規模宅地等の特例」が適用されて、最終的に税金が安くなったり、免除されたりしてほっとする結果になることも多いのですが、それも期間内にちゃんと申告していることが条件です。

不動産がすぐに売却できなくて納税が間に合わない、という場合も相談すれば延納(分割納付)をみとめてもらえたりします
ただしこれも期間内にきちんと申告していることが条件です。

放置していて申告が遅れると、特例が利用できなくなってしまうばかりか、延滞税や重加算税など、どんどんペナルティが課されていく、という恐ろしいことになってしまいます。

税務署は1件1件全部きちんと把握できているんだろうか?

期限が過ぎても何も言ってこないから大丈夫なんじゃないか?

と考えられている人がいるかもしれません。

しかし、税務署は甘くありません。

税務署は、所得税だけでなく、不動産登記や固定資産税などからも情報を把握しています。

さらにマイナンバーが本格的に活用されるようになれば、ばれないですむことはまずなくなります。

そのときになって追徴課税などがきたら大変です。
特に都内にご自宅がある場合には、早めに相続財産がどのくらいになるのか、把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

えがお相続相談室