遺言書ってどんなもの?遺言書を書いた方がよい理由とは

この記事は1分で読めます

最近、遺言書を書く人が増えています。
それは、特に資産家ではなくても、遺言書が役に立つことがわかってきたからです。
それは遺言書を書いておくことで、相続トラブル、特に遺産分割に関するトラブルのかなりの部分を未然に防ぐことができるからです。たとえ相続税がかからなくても、遺産分割は発生します。
今回は今さら聞けない「遺言書って何?」といった基礎知識から、なぜ遺言書を書いた方がよいのか?という理由を、わかりやすいラジオ番組のインタビュー音声でお届けします(6分33秒)



0:20 遺言書とは?
0:45 エンディングノートと遺言書の違いや共通点は?
1:05 エンディングノートと遺言の位置づけ
2:00 遺言書の相談は増えている?遺言書の役割は?
2:49 遺言書を実際に書くには?手順や費用
3:25 遺言書の種類(自筆証書と公正証書)
4:30 どちらの遺言書の方が良いのか?自筆証書の問題点
5:37 遺言書がないとどんなふうに大変なことになるのか?

相続でお困りの方はえがお相続相談室にご相談ください。
各分野の専門家が初回無料でご相談に応じます。

『えがお相続相談室』へのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

えがお相続相談室