税の記事一覧

税記事一覧

  1. 小規模宅地等の特例 土地の評価が最大80%減額!

    小規模宅地等の特例 土地の評価が最大80%減額!

    小規模宅地等の特例とは、被相続人が自宅や事業用などとして使っていた宅地を相続により取得する場合、最大80%減額して評価してくれる制度です。減額できる限度が面積ベースのため、地価の高い土地ほど、減額できる金額が多くなります。

  2. 相続税 計算 土地の評価方法 路線価とは 相続がよくわからない そんな方にもわかりやすく税理士が解説します

    相続税 計算 土地の評価方法 路線価とは 相続がよくわからない そんな方にもわかりやすく税理士が解説します

    相続した自宅や不動産土地の相続税の計算方法は?相続が初めての方、相続税対策の仕方がよくわからず困っている方に専門税理士がわかりやすく解説します。相続税を計算する場合の土地の評価方法には、路線価方式と、倍率方式があります。

  3. 準確定申告を解説

    準確定申告を相続専門の税理士が解説 亡くなった人の所得税の申告手続き

    準確定申告とは 亡くなった方の確定申告を相続人が代わりに確定申告をすることをいいます。ここでは相続専門の税理士 仁保 修さんに初心者にもわかりやすく準確定申告について解説してもらいました。

  4. 財産目録

    相続の専門家 税理士がすすめる相続手続きの第一歩 よくわかる財産目録作成方法

    相続財産の分割(遺産分割)をするための第一歩は、故人の財産や負債について情報収集することです。その際におすすめしたいのが、財産目録の作成です。財産目録の作成は、円満、円滑な相続手続きを実現するためには、必要不可欠なものとなります。

  5. 不動産以外の財産評価

    相続財産の評価(不動産以外の評価)

    相続財産の評価をするためには、「相続財産ごとに評価額がいくらになるのか?」を計算する必要があります。そして被相続人が亡くなられた日に所有されていた相続財産の評価額に対して課税されます。

  6. 税理士が教える相続税からマイナスできる7つの税額控除

    税理士が教える相続税からマイナスできる7つの税額控除

    相続税は、取得した財産、負担した債務や葬式費用等の額に応じて各人の相続税額を算出します。

  7. 代償分割という遺産分割方法

    代償分割という遺産分割の方法

    遺産分割協議書とは、亡くなられた方(被相続人)が遺言書を遺していないような場合に、複数の相続人が遺産の分け方決め、その内容を書き記した書類のことです。このときの遺産の分け方は、大きく分けて3種類あります。

  8. 税務署

    相続税申告 手続きが必要な方 について税理士が解説

    「相続税の申告書を提出する必要があるか」親族の方が遺産を残して亡くなった場合、ご遺族の方はが分からず悩んでしまう方が多くいらっしゃいます。相続税申告書の提出の基礎知識、手続の流れ、相続税の納付方法についてご説明いたします。

  9. 相続税の対象財産と対象とならない財産

    相続税の対象財産と対象とならない財産

    1.相続税の対象財産被相続人が亡くなった時点で有していたプラスの財産のすべてが相続財産となります。プラスの財産としては、現預金、有価証券、家庭用財産などの他、土地や建物等の不動産も相続税の対象となる財産になります。

  10. 相続税申告の手続きが必要?

    相続税申告の手続きが必要? あなたの場合はどうなの? まずは確認してみましょう。

    親族の方が遺産を残して亡くなった場合、ご遺族の方は「自分は相続税申告書を提出する必要があるか」が分からず悩んでしまう方が多くいらっしゃいます。この記事では、相続税申告書の提出の基礎知識、手続の流れ、相続税の納付方法についてご説明いたします。