遺産相続

遺産相続記事一覧

  1. 相続専門の行政書士が解説 相続手続き 必要な戸籍と取得・取り寄せ方法

    不動産、預金、株式などの相続手続きには、被相続人の相続関係を証明する戸籍謄本が必要となります。普段の生活で戸籍を取るといったら、自分の戸籍を取るくらいだと思われます。

  2. 一目でわかる 遺産相続 遺留分の割合

    遺留分減殺請求 一目でわかる 遺産相続 遺留分の割合

    遺言者は遺言で法定相続分と異なる割合で自由に相続させたり、他人に相続財産を遺贈することができます。 遺言によって相続する財産が大きく変わってしまう場合があります。

  3. 相続放棄

    相続放棄 手続き 方法と注意点

    相続で引き継がれるものは、必ずしもプラスの財産だけではありません。たとえば、亡くなった方に借金があれば相続人はマイナスの財産となる借金も含めて引き継ぐことになり、場合によっては多額の債務を相続してしまう事もあり得ます。

  4. 財産目録

    相続の専門家 税理士がすすめる相続手続きの第一歩 よくわかる財産目録作成方法

    相続財産の分割(遺産分割)をするための第一歩は、故人の財産や負債について情報収集することです。その際におすすめしたいのが、財産目録の作成です。財産目録の作成は、円満、円滑な相続手続きを実現するためには、必要不可欠なものとなります。

  5. 代償分割という遺産分割方法

    代償分割という遺産分割の方法

    遺産分割協議書とは、亡くなられた方(被相続人)が遺言書を遺していないような場合に、複数の相続人が遺産の分け方決め、その内容を書き記した書類のことです。このときの遺産の分け方は、大きく分けて3種類あります。

  6. 自筆証書遺言の方式緩和

    自筆証書遺言の方式緩和

    遺言とは?遺言の中でも、主に利用される「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」の2種類があります。このうち、「公正証書遺言」というのは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。

  7. 代襲相続

    代襲相続を理解して、相続人を確定させる

    相続が発生したら、遺産の中身と相続人を確定させることが必要になります。法定相続人は、法律(民法)で定められています。子どもがいれば、第1順位で相続人になります。子どもがいなければ第2順位で父母(父母がいなければ祖父母)が相続人です。

  8. 法定相続人の優先順位、範囲と相続割合

    「相続」は、簡単に言うと、亡くなられた人の「財産」を、その人に関係する人が受け継ぐことです。昔は、長男が家督も財産も全て引き継ぐ、というようなこともあったようですが、現代は特定の人が独り占めしたりすることはできません。

  9. 戸籍・住民票

    法定相続情報証明制度 手続きの流れと利用方法

    1.法定相続情報証明制度とは?相続手続きで必要となるのが、亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍などですが、相続の内容によっては戸籍が膨大な量になることも多く、戸籍の収集と戸籍の情報の読み取りが非常に大変な場合があります。

  10. 遺産相続手続き 流れと必要書類

    遺産相続手続き 流れと必要書類

    遺産相続手続きは何から手を付ければよいのかわかりません。遺産相続についての流れや手続きについて初心者にもわかりやすく解説します。