相続税対策

相続税対策記事一覧

  1. 小規模宅地等の特例 土地の評価が最大80%減額!

    小規模宅地等の特例 土地の評価が最大80%減額!

    小規模宅地等の特例とは、被相続人が自宅や事業用などとして使っていた宅地を相続により取得する場合、最大80%減額して評価してくれる制度です。減額できる限度が面積ベースのため、地価の高い土地ほど、減額できる金額が多くなります。

  2. 相続税 計算 土地の評価方法 路線価とは 相続がよくわからない そんな方にもわかりやすく税理士が解説します

    相続税 計算 土地の評価方法 路線価とは 相続がよくわからない そんな方にもわかりやすく税理士が解説します

    相続した自宅や不動産土地の相続税の計算方法は?相続が初めての方、相続税対策の仕方がよくわからず困っている方に専門税理士がわかりやすく解説します。相続税を計算する場合の土地の評価方法には、路線価方式と、倍率方式があります。

  3. 空き家の売却 実家を共有で相続するメリット

    適正な管理がされていないと判断された空き家は固定資産税が6倍に!時には罰金を科せられ、財産を差し押さえられるまでの大惨事に見舞われることも…☆ご心配な方は「あなたがお持ちの空き家は大丈夫ですか?固定資産税が6倍になる可能性が!」でご...

  4. 不動産以外の財産評価

    相続財産の評価(不動産以外の評価)

    相続財産の評価をするためには、「相続財産ごとに評価額がいくらになるのか?」を計算する必要があります。そして被相続人が亡くなられた日に所有されていた相続財産の評価額に対して課税されます。

  5. 税理士が教える相続税からマイナスできる7つの税額控除

    税理士が教える相続税からマイナスできる7つの税額控除

    相続税は、取得した財産、負担した債務や葬式費用等の額に応じて各人の相続税額を算出します。

  6. 相続税の対象財産と対象とならない財産

    相続税の対象財産と対象とならない財産

    1.相続税の対象財産被相続人が亡くなった時点で有していたプラスの財産のすべてが相続財産となります。プラスの財産としては、現預金、有価証券、家庭用財産などの他、土地や建物等の不動産も相続税の対象となる財産になります。

  7. 空き家特例

    相続した空き家の売却 譲渡所得 期間限定 3,000万円特別控除制度を受けるには

    相続した空き家を売却する際、ぜひとも利用したい「空き家特例」等いう制度が、期間限定で利用できます。

  8. 二世帯住宅、賃貸併用住宅の相続税対策 民法改正後どう変わるのか?

    二世帯住宅、賃貸併用住宅の相続税対策 民法改正後どう変わるのか?

    相続税が改正された平成25年度から大幅に縮小された相続税の基礎控除額ですが、平成27年1月から「相続税」の大幅な増税が決まり、世間では益々、「二世帯住宅」や「賃貸併用住宅」への関心が高まっています。

  9. リフォームで相続税対策

    リフォームで相続対策 メリットとデメリット

    「相続税」と「リフォーム」、一見交わらない内容かと思いがちですが、実は「リフォーム」をすることで、「相続対策」ができることをご存知ですか?リフォームは相続(相続税)対策と、とても相性が良く、節税効果が見込めます。