相続税対策

相続税対策記事一覧

  1. 空き家特例

    相続した空き家の売却 譲渡所得 期間限定 3,000万円特別控除制度を受けるには

    相続した空き家を売却する際、ぜひとも利用したい「空き家特例」等いう制度が、期間限定で利用できます。

  2. 二世帯住宅、賃貸併用住宅の相続税対策 民法改正後どう変わるのか?

    二世帯住宅、賃貸併用住宅の相続税対策 民法改正後どう変わるのか?

    相続税が改正された平成25年度から大幅に縮小された相続税の基礎控除額ですが、平成27年1月から「相続税」の大幅な増税が決まり、世間では益々、「二世帯住宅」や「賃貸併用住宅」への関心が高まっています。

  3. リフォームで相続税対策

    リフォームで相続対策 メリットとデメリット

    「相続税」と「リフォーム」、一見交わらない内容かと思いがちですが、実は「リフォーム」をすることで、「相続対策」ができることをご存知ですか?リフォームは相続(相続税)対策と、とても相性が良く、節税効果が見込めます。

  4. 家賃の前払い分をリフォームの資金に!

    不動産業界では、相続した空き家の再出発の手段として、賃貸を促進する提案を展開しています。空き家が増えると治安が悪くなり、その地域周辺、沿線のブランド価値の低下を懸念する鉄道系の不動産グループは特に力を入れているようです。

  5. あなたが亡くなった後、残された家族はどうなってしまうのだろうと考えたことはありませんか??

    もしもあなたがせっかく残した遺産を巡って仲の良かった大切な家族がばらばらになってしまったら…これは実際にあった話ですある家のお父様が亡くなり、その方の愛用品のカメラを誰がもらうかでけんかになりました。

  6. 遺言で相続はどう変わるのか?同居していた子供と別居していた子供

    お子さんの間で遺産を分割する場合、法律上では等分割になります。でも、実際には親と同居していて最後まで面倒を見ていたお子さんと他のお子さんが同じでも良いものでしょうか?これは実際にかなり紛争になりやすいケースです。

  7. 海外に相続人がいると税務署に目をつけられる!?

    最近は相続人が海外にいらっしゃるケースが増えています。そんな場合、どんな手続が必要か、早めに準備しなければいけないのと同時に、もう一つ、気をつけなければいけないことがあります。

  8. 家族が海外に住んでいる場合、相続手続きはどうなる?

    最近は数年間海外勤務される方も増えてきました。ご両親が亡くなっても、お葬式に帰国できない場合もありますよね。また、急遽帰国されても、その場で相続手続きまで全部済ませられないのが普通です。実際の例をみてみましょう。