遺言で相続はどう変わるのか?同居していた子供と別居していた子供

この記事は1分で読めます

お子さんの間で遺産を分割する場合、法律上では等分割になります。

でも、実際には親と同居していて最後まで面倒を見ていたお子さんと他のお子さんが同じでも良いものでしょうか

これは実際にかなり紛争になりやすいケースです。

特に財産が自宅不動産だけという場合には、同居していた方が家を手放さなければいけないことになり、特にもめる原因となります。そんな事態を避けるために、ぜひこのケーススタディをご覧になってください。

ここでは2015年11月15日に放送されたインターFM「TALKIN’ ON SUNDAY」から行政書士の横倉肇さんに、こういった場合のケーススタディをわかりやすく解説してもらっています。

長さは6分57秒なので、お気軽にご覧ください。


0:48 子供がいない夫婦で妻にすべての財産を残すという遺言書があった場合
1:06 このケースの家族構成
1:48 遺言書がなかった場合
2:20 遺言書があった場合
2:36 もし相続人に自己判断能力がなかったら?

遺言書や相続についてのご相談は、こちらのフォームからえがお相続相談室にご相談ください。
初回無料でご相談に応じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

えがお相続相談室